kindle unlimited の多大なメリットと、それでも私が解約した理由

ライフハック

Kindle Unlimitedに加入しようかな、と思っている人。

反対に、Kindle Unlimitedを解約しようかな、と考えている人。

そんな人に向けて、この記事を書いた。

Kindle Unlimitedはとても魅力的なサービスだ。それは認める。

たったの980円で、Amazonの指定した本を一か月無限に読みまくれる。

私も3か月、このサービスにお世話になった。

しかし、理由があって最近解約した。

ここでは、kindle unlimitedを3か月間使ってみて感じた私のメリットと、それでも私が解約した理由を書いていく。

メリット① 新ジャンルに飛び込みやすくなる

新ジャンルに飛び込む際、まったく知識ゼロの状態からだとなにから手をつけていいかわからない。

そんなとき、Kindle Unlimitedはとても役に立つ。

Amazonで挑戦したいジャンルのキーワードを検索し、Kindle Unlimited対象本をひたすら読み漁ることができるのだ。

サンプルだけでもだいたいの印象をつかむことはできるが、やはり全文読めるに越したことは無いだろう。

メリット② ビンボー学生の救い

そもそも、本を買うお金がもったいない、という人もいることだろう。

あるいは、学生のようにそもそもお金がない人もいるかもしれない。

そんなとき、Kindle Unlimitedは本当に心強い味方になってくれることだろう。

Kindle Unlimitedの月額はたったの980円。これならば、いかにお金がなくても何とか払い続けられると思う。

一冊読めば元を取れるとは、恐れ入った。

 

さて、もっと他にもメリットはたくさんあるのだろうが、しかし、それでも私はKindle Unlimitedを解約した。

その理由は主に、下の二つだ。

辞めた理由① 無料本ばかり読むようになる?

Kindle Unlimitedに登録していると、どうしても、読み放題の本を優先的に読もうとしてしまう。

例えば、『武器になる哲学』と『史上最強の哲学入門』、どちらを読もうか迷っている場合を想定しよう。

本当は後者の方が直感的に読みたいと思うが、でも前者はKindle Unlimited対象で無料だったら、そちらを読むことになる。

自分の一番読みたいものを読まなく(読めなく)なる可能性があるというところだ。(それどころか人間の心は、自分のとった行動を正当化するために、「私は最初から『武器としての哲学』の方が読みたかったんだ」などと自分を納得させ始める。こうして本当の自分というものが分からなくなっていく。)ちょっと大げさだったな。申し訳ない。

また、Kindle Unlimitedの対象になっている本は皆が読むだろうから、他の人と似たようなインプットをすることになり、他の人と同じ考え方しかできなくなるのではと考えている今日この頃というわけだ。

こんなことを言うと、人によっては「細かい!」だとか「コイツめんどくさっ!」などと言うことだろう。

それではあなたは、あなたが優先的に読む本、つまり精神の食物である本を、Amazonさんに決めさせてしまっていいというのか!?

そして、kindle unlimitedには、kindle direct publishing(セルフ出版)の本も数多く存在する。

私も昨年、これで本を出した。

Amazon.co.jp: 斜めの男
Amazon.co.jp: 斜めの男

あなたも、いとも簡単に出版ができる。

出版したい方は以下の本を読むことをお勧めする。原稿さえあれば、本当に、一日で出版できる。

さるでもできるKindle電子書籍出版: 40冊以上のKindle本を出版した筆者が、KDPアカウントの登録方法から、キンドルに最適なファイル作成まで、電子出版に必要な情報をすべて公開! | 海河童 | 工学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで海河童のさるでもできるKindle電子書籍出版: 40冊以上のKindle本を出版した筆者が、KDPアカウントの登録方法から、キンドルに最適なファイル作成まで、電子出版に必要な情報をすべて公開!。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォン...

話がそれたが、こんなにも簡単に出版できてしまうというものはやはり質的に低いものがあるかもしれないということだ。

kindle unlimitedに登録していると、そのような本に時間を費やすリスクが高くなるのではと考えた。

辞めた理由② 無料だと、吸収力が低下する?

月980円を支払うので無料ではないのだが、読み放題だと、「自分はお金を払って勉強している」という意識が薄れるような気がする。

本を読む都度購入することで、この本から何かを吸収するぞ!元を取るぞ!という意識で本を読めるのだと思う。

これは、お笑い芸人でもあり作家でもあるキングコング・西野亮廣さんの本に気づかせてもらったことだ。

あなたはkindle unlimitedを使いこなせるか?

kindle unlimitedは、間違いなくとんでもなく優良なサービスだ。

数多の良書が、ひと月たったの980円で読み放題なのだから。

でも、「放題」という言葉には気を付けた方がいい。

食べ放題、つかみ放題、かけ放題……そのサービスによって自分が何を得、何を失う事になりそうか、事前にしっかりと見極めたい。

今後またこっそり加入するかもしれないが、とりあえず、私はkindle unlimitedを解約をした。

さて、あなたにはこの魅惑的なサービス「kindle unlimited」を上手に使いこなせるだろうか?

答えがYESなら、私は潔く白旗を上げよう。良いkindleライフを!

 

最後まで読んでいただき、有難うございます。この記事が良いと思った方は、ぜひシェアをよろしくお願いします!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました