まずは差別化とか収益化とかどうでもいいから、とにかく学んだことや人に話したいことを書く

雑記

ブログの更新が難しくなってしまうのは、どんなネタを書けばいいかわからなくなってしまうからだと思う。

人生でブログしか収益源がなく、アクセスが伸びないと食っていけないのであればいざ知らず、ブログを自分の

私の場合はブログを通して成長していきたいと思っている。この記事はブログで収益のみをもとめるのではなく、成長したいと考えているひとに向けて書いた。

成長したいんだったら、まずは続けることが大切だ。

続けるには、ハードルを下げることが手っ取り早い

勉強でも、ランニングでも、ハードルを上げると続けるのが大変になる。

はじめる前に、「あ、これをやり始めたら1時間続けないといけない……」と考えると、取り掛かるのにおっくうになるのだ。

だったら、ハードルを下げてしまえばいい。勿論、続かなくなりそうだったら、という前提付きだが。

どうハードルを下げるのかというと、記事の分量や質に、そこまでこだわらないことだ。

「この記事は自分だからこそ書けることだろうか?」

「この記事は多くのアクセスを集めそうか?」

こういうことは、ある程度の実力をつけてから考えることは大切だと思う。

しかし駆け出しのころは、そんなことをいちいち考えていたら、ブログを書くことが苦行になってしまう。

そんなこといいから、ちょっとでも、「これ伝えてみたいな」と思ったものを記事にしてしまえばいい。もちろん、あまりにも質の低いものを投稿し続けていれば読者は離れていくだろうが、それでいい。

気軽に書くと読者が離れていくのは、慣れが足りないだけだからだ。

慣れれば気軽に書いたものでも、文章やネタの内容が洗練されてくる。

その時まで、読者は少なくても仕方ない。とにかく、その流れに乗れるようになるように、書き続けることだ。

今は、とりあえず、書いてしまおう。投稿してしまおう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました