【就活生必見】スピード写真は使わない。手間と時間を惜しまず写真館へ行こう!

就活

就活生は忙しい。

すでに写真館に行った人は、読むをやめて、他の有意義な情報収集をしよう。これはスピード写真で撮るもったいない就活生たちを説得するだけの記事だからだ。

どうしてもスピード写真にするという人も、読むのを辞めて、企業研究や自己分析をしよう。無意味な時間の使い方をしている暇は、就活生にはない。

スピード写真を考えていたけれど、この記事がちょっと気になった、という人だけに読んでもらえれば幸いだ。

筆者はカメラのキタムラに救われた

さて、就活生は忙しい。

自己分析に始まり、業界研究、複数の会社の企業研究、エントリーシート、OB・OG訪問、筆記試験、面接……いい加減にしてくれ!

だから、エントリーシートや履歴書の写真はスピード写真で済ませてしまおうとする人もいるかもしれない。

しかし、それだけはやめましょう!

写真館は、思っているよりいいものだ。
写真館は、あなたが気づいていない部分を指摘してくれる。

たとえば私は、カメラのキタムラで、メガネが左右で少しズレていることを指摘された。

何度直しても撮ってくれないので、鏡をみたらハッとした。

そもそも目鼻が若干、左右非対称だったのだ。これではメガネがずれるのも仕方ない。

わたし同様、見た目に無頓着なひとは、結構こういうことがあるのではないか。そして見た目に無頓着な人ほど、スピード写真に行くのではないか?

かくして証明写真格差は「宇宙の拡張現象」の如く拡がっていく…。

わたしは最終的に、メガネを外して写真を撮ることになった。

今ではズレを補正した眼鏡を作って、使っている。

マッチングアプリであなたは相手のどこを見るか

ともかく、写真はしっかり写真館で撮ってほしい。

少し考えてみてほしいのだが、マッチングアプリで最初に見るのはどこだろう。顔だ。顔に決まっている。顔の印象で、人は人を判断してしまう。悲しいことに。

エントリーシートだって例外ではない。

ただ、マッチングアプリと異なるのは、美男美女かよりも、清潔感があるか、企業のお客様に対して恥ずかしくないか、が重要だということだ。

だからやっぱり、写真館へ行こう。

ハロー効果を存分に使おうじゃないか

心理学ではハロー効果というものもある。人の一部分が優れていると、その人に関するあらゆることが優れていると思い込んでしまうことを言う。

写真がいいと、その他、文章や学歴なども実際よりも良く見えてくるのだ。

写真館では、ブレミアム美肌補正なるものがある。(たしかそんな名前だった)

これ詐欺じゃないか?と思うくらいに、肌をツヤツヤにしてくれる。

だから、写真館に行こう。

写真館に行く時間とかかるお金は、優良企業に入るための投資だと思ってもらいたい。

「内定を貰っても入らないであろう企業」の選考を一つ辞めれば、必ず時間とお金は捻出できる。

写真館に行って、プロに助言・撮影してもらう

カメラのキタムラは良かったので、リンクを貼っておく。

証明写真撮影・店舗検索
証明写真を撮るなら全国700店以上のカメラのキタムラにお任せ!就活・転職の履歴書や免許証をはじめ、パスポート・ビザ・マイナンバー用も対応。ESにも便利なWEB申請用の画像加工や、ネットで焼き増し・画像データ購入・ダウンロードも可能です。証明写真も写真専門店で納得の仕上がりに!

最後まで読んでいただき、有難うございます。この記事が良いと思った方は、ぜひシェアをよろしくお願いします!

かきあげ。

以下 就活生におすすめの記事

【就活生必見】出版社全落ちの筆者を生き返らせてくれた、あなたが面接会場で光り輝くための本 5選
大学3年間で500冊本を読んで、本に人生を豊かにしてもらい、「もう出版社以外には就職したくない!」と思っていた筆者が出版社で全敗。落ち込んでいたときに救ってくれたのは、やっぱり本でした。マニュアル人間になりたくないからと、就活本を侮ることな
【見ない就活生は損してる】就活革命!「しゅんダイアリー」を観るメリット3選と注意点2つ
みなさんは就活ユーチューバーの「しゅんダイアリー」をご存知ですか。 とても有名なので、就活生で知らないという人はもうあまりいないんでしょうか。 私はすべての就活生に、彼の動画をある程度観てから面接に臨むことをお勧めしたいと思いま...
【就活生必見】「無い内定」は今すぐブラック企業にエントリーしろ!就活はポジティブループに突入する。
タイトルの通りです。冗談ではありません。 まだ内定を持っていない人は、とりあえずブラック企業にエントリーしましょう。 何故なら、ブラック企業にも良いところが一つあるからです。 それは、内定を貰いやすいという事です。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました