ランニングに「目的地」を設定すると、継続しやすくなる

ランニング

ランニングなど、継続したいものがあるけれどできない、という人は多いと思う。そんな人に、目的を多様化してみることを提案したい。

目的の多様化とは

なにか継続したいことの目的を改めて問い直し、その行為をすることの別の目的を創り出してしまう方法だ。さっきふと思いついた。

例えば、大学の図書館を目的にする

また、ランニングを始めとする有酸素運動の後は記憶力がアップする、という記事をどこかで見たことがある。

なので、図書館で新聞を読んだり、ちょっと勉強したりすればいい。

きっと集中できるし、効率よく知識を吸収できるはずだ。

そう考えると、ランニングに他の目的が出来る。

真似しようとしてはいけない人もいる

村上春樹は著書『走ることについて語るときに僕の語ること』で「ただ走るために走っている」と書いているが、彼は継続力の鬼である。モノマネは危険だ。

まずはなにか別の目的を付与してあげることで、グッと継続しやすくなるのではないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました