Bluetooth装備をした車は移動型ライブ会場みたいだ

今日、スーパーキャリーの納車で、ちょうど良かったのでディーラーの人にインタビューをした。

内定先の企業からの課題で、社会人3人にインタビューしなくてはならないからだ。

とても穏やかで、親切で、それでいて骨のある粘り強そうな女性だった。

スーパーキャリーのBluetoothに感動した。

これまではオーディオブックを聴くときは音量を最大にする必要があったけれど、BluetoothのおかげでiPhoneの音量を上げる手間が省けるし、他のところで爆音を流してしまう心配もなくなったわけだ。

そして音質が良いと感じた。音が複数箇所から聞こえてくるのも、俺にとって魅力だ。まるで、ライブ会場にいるような臨場感を味わえるのだ。うちの家は「移動型ライブ会場」を購入したのだ。

これは革命だと思った。

あなたはこれをみて、「いやいやBluetoothなんてもうずっと前からあるよ。大袈裟なっ!時代遅れっ!」と冷たいことを言うかもしれない。言わないかもしれない。まあ、そんなことはどうでも良いのだ。

確かに、オーディオしかついていないし、映像さえみることはできないのだから、皆さんの車はもっとリアリティのあるライブ会場を再現することができるかもしれない。

ただ、とにかく興奮したので、ついヘンテコな文章を書き殴ってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました