あなたの仕事がつまらないのは、「やらされ感」を持っているからだ!

仕事が面白くない。

やる気が出ない。

原因はなんなのか。

大多数の人は、むかし、両親に「勉強しなさい」と言われ、余計に勉強したくなくなった経験があるだろう。ヒントはここにある。

つまり、「やらされ感」をもっていることが原因となっているかもしれない、ということだ。

仕事をやらされているからつまらないわけではない。

やらされていることが問題なのではなく、やらされ感を持っているのが問題なのだ

 

では、どうすれば「やらされ感」を払しょくすることができるのか?

鍵は、あなたが自発的に仕事をすることである。

 

たとえば、会社が決めたノルマがあったとする。

これまでのあなたは、そのノルマに対して「やらされ感」を持っていたかもしれない。

でも今からは、そのノルマを1%でも超える、あなただけのノルマを設定してみる。

会社に課されたノルマを追いかけるのではなく、あなた自身があなた自身のために設定したノルマを追いかけていると考えてみるのだ。

こう考えると、やる気が漲ってこないだろうか。

 

あるいは、複数人の前で気の乗らない仕事を上司が「誰か頼む」とお願いしているとき、余裕があれば、自分から挙手をしてみる。

頼まれてやるのは受け身な仕事かもしれないが、自分から挙手をすれば立派な自発的な仕事だ。

この仕事は自分でやると決めたんだと思えば、活力が湧いてくる。

このように、「やらされ感」を無くすことで、あなたの仕事の面白さも、あなたの目の輝きも、変わってくると信じている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました