神様、もう一言だけいいですか?『映画バトルロワイアル』

映画『バトルロワイアル』で、千草が致命傷を負った後、好きだった男に肩を抱かれるシーンがある。

「好きな人、いる?」

「いるよ」

「私じゃない、よね?」

「……うん」

落ち込みながらも、千草は最後の言葉を振り絞る。

「神様、もう一言だけいいですか?」

そして、

「ひろき、カッコよくなったよ」

と言い放って、千草は絶命する。

好きになるって、こういう事なんだろうか。

自分がもう死んでしまう直前でも、相手は自分のことを好きでいなくても、その相手を喜ばせてあげたい。

ひろきの方も、最後くらいは優しい嘘をついてあげてもよかったんじゃないか、という気がする。

もっとも、そんな正直者のひろきだからこそ、千草は愛したのかもしれないが。

Amazon.co.jp: バトル・ロワイアルを観る | Prime Video
中学生同士が殺しあう、という衝撃的な内容で賛美両論を巻き起こした高見広春の原作を、アクション映画の大御所、深作欣二が完全映画化!本作も原作同様世間を騒がし、国会で議論になるほど破門を広げた。

かきあげ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました