とりあえず、書いてみる

ブログでせっかくアドセンス承認を受けたのに、全然記事を書けない。

そんな日々がかれこれ一か月続いている。

だから、朝いちばんで、こうやってブログを書く習慣をつけていこうと思う。

ここで大切なのは、素晴らしいものを書かねば!という空回りを無くすことだ。

毎日毎日、素晴らしいものが出てくるわけじゃない。

気分の悪い日もあれば、なにか気にかかるイベントがある日も、もちろんあるだろう。

それでも、机の前に座って、なにか書いてみようとする姿勢が大切だと思う。

こうやって書いていれば、なにか書きたいことが見つかってくるかもしれない。

書きたくなったら書こう、そんな思いで過ごしていては一生ブログを書くことは無いかもしれないから。

いま思いついた問題点。

それは、ブログには「読者に有益な記事」を読みやすいように書くべきで、一方で「本音」もしっかり書きたいわけだから、その塩梅をどうしようか、ということだ。

朝いちばんでは、読者のためのブログを書くことを試みようか。

いったん自分の一番書きたいことは置いておいて、なにか読者に有益なことを。

自分の本当に書きたいことは、紙に書き出してもいいし、ワードに書きなぐってもいい。

ここに書き込むときは、ひたすら”他人想い”になるんだ。

やってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました