部下には愛のある叱り方を

筆頭役席に叱られた。

工場見学のお礼を作成するのに、1週間もかかってしまったからだ。

でも、その怒り方には愛を感じた。

おっしゃっていることは全てもっともだったし、自分の自分のイライラからくる理不尽な叱り方では決してなかった。

だから、素直に受け止めることができた。

上司の顔を潰してしまったことが申し訳ないと思った。

自分もこんな上司になりたいとおもった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました