新人2日目を終えて。ハンコ押しの仕事で工夫したこと。

新人2日目を終えて、今日が3日目、そして金曜日だ。

さあ、どうだったろうか。

 

昨日の仕事について書こう。

昨日は、家族登録や給与振り込み講座登録をした。

パソコンが重く、なかなかつながらなかった。

この待機時間はロスだと思った。

 

そこで行動に移したのが、いいことだった。

先輩になにか細切れ時間で手伝えることはないかと聞いたのだ。

 

すると、書類にひたすらハンコを押すという仕事があった。

これなら細切れ時間にできる。

 

だれでもできる仕事かもしれないが、新人がやらなければ先輩がやらなくてはならない仕事だ。

それを代りにやることが出来たのだ。

 

そして、やり方も工夫した。

まず、2種類のハンコがあったが、最初に片方のハンコをすべての書類に押してしまい、次にもう片方のハンコをすべて押した。

こうすることで、ハンコを持ち換えたり、上下を確認したりする時間を削減できると思ったからだ。

 

時間も測って、スピードを意識するようにした。こうすることで、どんなに無機質な仕事でもゲームのようになるということを本で読んだことがあったからだ。

 

最後に、もう一つ工夫をした。

書類は、6枚で一つの束になっている形式のもので、ハンコを押すのは1ページ目、2ページ目、5ページ目だった。

なので最初は、1ページ目を押し、2ページ目を押し、そしてページを繰って繰って繰って、5ページ目を押す、という感じだった。

このページを繰る時間に、私は目を付けた。

 

前から5ページ目なのではなく、後ろから2ページ目だと考えよう。
そんなことをおもい付き、5ページ目は後ろのページを1ページめくってハンコを押すことにした。
その結果、時間が短縮された感覚があった。
これからも、些細なことでも工夫しながら仕事をするようにしたい。
かきあげ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました