【恐怖!】あなたはやってない?倍速でYoutubeを観る人が失う2つのもの

ライフハック
YouTubeはすべて2倍速で聞いている
あるいは
オーディオブックは2.5倍速で聞いている
など、倍速機能を活用している人は多いと思います。
わたしもかつては倍速信者でした。
しかし今では、倍速と等倍速(一倍速)を使い分けるようにしています。
あなたは盲目的な倍速信者ではないでしょうか。
倍速のデメリットについて、考えたことがあるでしょうか。
ハッとした方は、考えるための材料にするつもりで、ぜひ最後までお読みください。
まず倍速で視聴することによって失われるものを述べた後、それでも倍速には価値があるという話と、効果的な使い分けについてご紹介をしていきます。

恐怖① 聞き取れはするが、理解できていない

貴方は、ギリギリ音声が聞き取れる速度にしていないでしょうか。
やめましょう。
ギリギリ聞きとれる速度にしている人に訊きたいのですが、あなたの目的は音声を聞き取ることでしょうか。
きっと、ディクテーションを目的とする英語学習者以外は違いますよね。
そうです。聞き取ることではなく、意味を理解することが大切なんです。
速すぎると、意味が頭のなかに入ってきません。
頭のなかで思い浮かべている光景を「メンタルモデル」と言いますが、これが白紙、あるいは乱雑になりすぎて、何も理解できない状態です。
そして、人の話を理解するには、ある程度の「間」が必要になります。言い換えると、のみこむための沈黙の時間が多少は必要なんです。
音声が速いのに加え、この「間」の時間が短くなってしまうのも、理解を難しくしますね。

恐怖② リズムが損なわれる

まさか、音楽を2倍速で聞く人はいないですよね?
それはきっと、音楽はリズムを楽しむために聞いているからだと思います。
動画は違うんでしょうか。
投稿者の、声やリズムを変えてしまうと、どうしても楽しみが減ってしまうような気がします。
また、話が上手な動画を等倍速で観ると、プレゼンテーションの仕方を学ぶこともできます。
私が最近聞いているオーディオブックは、内容に加え「間の取り方」を学ぶのに最適な教材でした。
倍速で聴いていたらこうはいかなかったでしょう。
https://amzn.to/3bw8eca

一方で、倍速のメリット

さて、ここまで倍速のデメリットばかりを述べてきましたが、あらゆる物事は2つの側面がある言われるように、メリットも存在すると思います。
一番当然で、わかりやすいのが、短時間で視聴できる、という事ですね。
1日は24時間、有限なので、それを有効活用したいと思っている人も多いのだと思います。
さらに、頭の回転が速くなる、ということも挙げられますね。
速読教材で「速聴」というものがよくありますが、高速の音声を聞くと、それに脳がついていこうとするので、頭の回転が速くなると考えられます。
では、どうやって使い分けたらいいのでしょう?

こんな時は一倍速、こんなときは倍速

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。
最後に、私の使い分け方をご紹介します。
実に、シンプルです。
目的が情報収集 → 倍速
娯楽やプレゼン勉強 → 一倍速
以上です。
そして、倍速にする際は「聞き取れる速度」ではなく、「理解できる速度」に設定するのを忘れずに。
かきあげ。
アイキャッチ
Luisella Planeta LeoniによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました