成長のためのブログを書く

雑記

読者の成長のためにブログを書く

読者が、自分のブログを読んで成長してくれるようなブログを書きたい。

だから、本を紹介するときは成長できそうな本を選ぶ。

アクセスを稼ごうとして、つまらない本をブログで紹介したりしない。

自分の成長のためにブログを書く

ブロガーとしての成長としてもそうだけれど、人間として、あるいはビジネスマンとして、どれくらい心技体が成長しているか、実感できるものにしたい。

十年後、自分のブログ記事を見た時に、ああこの頃よりは成長しているぞと感じられるブログを書きたいものだ。

収益化はどうするか

自己成長のために、収益化はしていきたいと思う。

成長していくためには、やはり資金が必要だ。

だから、より速いスピードで成長していくために、アドセンス広告などを貼らせていただきたいと思う。

ただし、きちんとユーザビリティーを考慮して広告を貼る。

それだけはきちんと守っていきたい。

SEOはどうするか

検索結果に表示される必要はあるのか。

収益化のことを考えると、SEOを気にした方がいいかもしれない。

でも、それによって非人間的な分析を行って記事を書くことは辞める。

そんなんじゃ、書いている意味がないじゃないか。

あくまで、自分がいちばん読者に届くと思った言葉で記事を綴っていく。

あくまで、自分がいちばん自分自身に響くと思った言葉で記事を綴る。

 

とりあえず、今の方針はそんなところだ。

すみません。この記事は自分の思考を整理するために書いたので、読者にとっての価値はそこまでないかもしれません。

「雑記」にはときどきこのように書きなぐった記事が登場しますが、どうぞご勘弁くださいm(__)m

かきあげ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました